日本通運の単身引越し | 鹿児島県から千葉県へ引越し

近距離引越し | 少量なら単身パックが安くてオススメ! > > 日本通運の単身引越し | 鹿児島県から千葉県へ引越し

日本通運の単身引越し | 鹿児島県から千葉県へ引越し

鹿児島県で家族と同居していましたが、結婚のために千葉県への単身での引越しを決めました。冷蔵庫や洗濯機などは向こうに着いてからの購入を決めていましたが、服や本棚などの私物が意外にかさばったのを覚えています。結婚式を控えているので、できるだけ安く抑えたいというのが一番の希望でした。

最近は大手の運送業者さんは見積もりシュミレーションをインターネットで行うことができます。数社比較を行って、一番料金の安かった日本通運さんにネットを使って引越しを申し込みました。本棚などの分解や、梱包などはすべて自分で行っておいたので、当日業者の方が運び出すだけで済みました。

ダンボール入りの荷物が10箱くらい分解された本棚、スチールラックなどが4点ほど、小型のテレビやDVDデッキの運送をお願いして4万3千円ほどで済みました。見積もりと大差なかったので、うれしかったです。

日本通運のスタッフさんは明るい印象で、てきぱきと作業をこなしてくださいました。引越しに慣れていないので梱包があまかったのですが、ササッと対応してくださったおかげで家財一式キズ等つくことなく引越しを終えることができました。

ただ一つ困惑してしまったのは、荷物の着地となる千葉県のスタッフさんから「予定よりはやく荷物を運び込んでも良いですか」とのことでした。運び出しのときに希望の時間を伝えていたので安心していたのですが、私自身が入居物件に到着するよりずいぶん早い時間を提案されたのでびっくりしました。業者さんの都合もあるのでしょうが、入居日から逆算して引越しを申し込んだ旨も伝えていたのになぁと思いました。

電気・ガス・水道の使用のためにあちこちに電話する機会がありましたが、方言の訛りがあったためにオペレーターの方とのやり方に手こずりました。

引越しがひと段落してからテレビの購入を決めました。ヤマダ電機さんを尋ねたのですが、「フレッツ光の回線を引くと大幅値引き」してくれるという嬉しいキャンペーンを行っていて、それまで主人が独身時代に使っていたWiFi端末でのネット回線を利用していたのですが迷わずキャンペーンを利用することを決めました。おかげで格安でテレビと快適なインターネット環境を手に入れることができました。

入居している物件がそれまでインターネット回線を引いていなかったので工事に時間はかかりましたが、ゲームをしたり、動画を楽しんだり快適です。初めて生まれ育った県を出ての引越しだったので、それまでにはないちょっとした苦労や出来事を体験する機会が多くあったように思います。

hikkoshi_top.pngのサムネイル画像のサムネイル画像